トピックス・新着情報 見学会や家づくりセミナーなど様々なイベントのご案内、そして話題の最新情報などをお届けします。

news 新着情報 topics

 ● 輻射熱と地場資源で温まる ペレットストーブ!
煙も少なく設置も簡単!輻射熱で身体の芯から温まる 話題のペレットストーブ!

 ● “床下暖房” 床暖房より快適で低燃費!
輻射式の暖房で最上級の快適性!そしてランニングコストも低い最高の暖房設備!

 ● 輻射式の冷暖房!エコウィンハイブリッド
高性能エアコンと冷媒を接続し連動する輻射パネルで、風のないエアコン!

 ● ホウ酸によるシロアリ対策・木材腐朽予防!
人体には無害で、持続効果の長いホウ酸による、安心安全の防蟻・防腐対策!

 ● 「こんな家に住みたかった!」と絶賛のオープンハウス! 
夏が好きになる! 冬が好きになる! そして雨の日も好きなる!家です。

木の家を建てて大きな補助金を活用

 現在、国や県の政策により、国産木材・県産木材を利用して建てた
住まいに対して、様々な補助金を受けられることができます。

私どもは、この補助金を売り物にして木の家を売り込むつもりはありませんが、
木の家を建てて、こうした補助金がもらえることはお客様にとっては、
大きなメリットとなりますので、是非ご活用ください。

当社にて活用できる補助金(木の家関係)の一部を紹介します。

・つながる家(地域型住宅ブランド化事業)      100万円

・ふるさとの木で家づくり支援事業(群馬県産材)   70万円

・木材利用ポイント(国産材・薪ストーブなど)      30万円    

<詳しくはこちらをクリック>

「住まいその後」報告! 

日本一暑い街でこの夏 「エアコンに頼っていない!」

ここ数年、日本一暑い街ですっかり有名となった群馬県館林市。
その館林で今年の2月末に引渡しとなったMさんご家族は、冬の終わりから春、
そして梅雨を経て遂に灼熱の夏を、新居での暮らしを過ごしてきました。

引き渡しの時は、ご家族が理想としていた木の家が完成して大満足だった
Mさんご家族は、この5カ月を通して更に満足を実感したのでした。

そんな嬉しい報告とは・・・

<詳しくはこちらをクリック>

施工例&喜びの声 「邑楽町の三田様邸」

 施工例 邑楽町三田様邸の画像アップ邑楽町三田様邸

三田様引渡し
  お客様喜びの声
木の温もり、そしてパッシブな住まいを求め、私どもが施工中のお宅をご覧いただいたのが、三田さんと私どもの出会いの始まり。
そしてその完成間近の住まいのつくりをすっかりと気に入っていただき、木の温もりと塗り壁とパッシブデザインの家づくりが始まりました。
それはまさに、つくり手と住まい手の呼吸がピッタリと合った、最高の家づくりとなりました。

<詳しくはこちらをクリック>

松島匠建の木の住まいの実例をご見学下さい

 この度は私ども松島匠建のWebサイトにご訪問くださり、誠にありがとうございます。

環境や健康などを考慮し、本来あるべき姿の家づくりを真剣に考えていらっしゃる方は、少しでも私たちの家づくりにご興味ご関心をお持ちになられたことと思います。
木の住まい
そんな方には是非、私たちが手掛けてきた住まいや、現在手掛けている住まいのご見学をいただければもっと身近なものとなり、理想の家づくりに一歩前進することができるはずです。

お施主さんへのご了解を得た後に、私どもが誠意を持ってご案内いたしますので、どうぞお気軽に見学ご希望のご連絡を下さい。

ご連絡はどうぞ コチラ から

Forward to 1985 energy life

この運動は、豊かで人間的な暮らしができる、究極の省エネルギー社会の創出を目指し、家庭でのエネルギー消費量と電力消費量を1/2以下にしようとするものです。
 1985

「福島原発事故から半月が経過した頃、「どうなれば原子力発電がなくなるのだろう?」と考えました。原子力発電がなくなるに越したことはないので、まずはシンプルにこう考えたわけです。そこでまずは「およそいまのピーク電力の20%減」をすればよいということがわかりました。」

<詳しくはこちらをクリック>

後悔しない家づくりセミナー

 『後悔しない家づくりセミナー』
~永続的に続くエネルギー上昇時代に建てる家とは?~

3.11の大震災を機に、大きく世の中が変わろうとしている今ですが、暮らしにおいても家づくりにおいても、これまでの延長からスイッチの切り替えが必要となっています。
エネルギー危機や地球温暖化などの未来に対する多くの不安を抱え、震災後の脱原発、自然エネルギー利用など、エネルギーの消費を減らし、循環する暮らし方、家づくりのあり方について学ぶセミナーです。
講師の吉田登志幸氏は、「自立循環型住宅研究会」の関東支部代表世話人として、環境の時代を迎えるなかで、省エネルギー、CO2排出削減をその中心課題に据え、その課題を解決していくための具体的な
「省エネ×快適となる住まい」を模索し、3.11後においても新たな時代の先導に活躍中です。


期 日 :  2011年10月16日(日)
       午後2:00~4:00 (午後1:30受付開始)
会 場 :  太田市藪塚本町中央公民館 第2・3会議室
      http://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0060-018chiiki-yabuduka/koumin-map.html
       太田市大原町505(藪塚本町文化ホール西側)
講 師 :  吉田登志幸氏(自立循環型住宅研究会関東支部代表世話人)
参加費 :  無料
定 員 :  50名
申込み・問い合わせ:
      群馬の自然住宅を考える会のHPより
       http://shizen.jimdo.com/
      または、松島匠建0277-46-8041まで

亀岡の家構造見学会

 私どもの山の木で天然乾燥を施した、良質な杉と桧を活用して建てた、健康で快適な木の住まいの構造見学会を開催します。
柱・梁などの構造を見せる「現し」とする為、強さと美しさを考慮した登り梁の架構と、空間を最大限利用する設計手法が見所です。
見学予約は不要ですので、お気軽にお越しください。

亀岡の家構造見学会

期間 : 平成23年10月2日 日曜日
時間 : 午前9:00~午後17:00まで
場所 : 太田市亀岡町(旧新田尾島町)
      太田市尾島行政センター北側、太田市立尾島小学校東側
  ※お近くまで来て、現地が不明の場合は、0277-46-8041(携帯転送)までご連絡下さい。

 設計: POTOS DESIGN OFFICE / 施工: 松島 匠建

群馬の木でつくった家”新築とリフォームの同時完成見学会

「群馬の自然住宅を考える会」より6月25日(土)完成見学会のお知らせ

桐生市広沢町において同時進行していた、群馬の木材を使って建てる新築とリフォームのお住まいが完成し、お施主様のご厚意によりこの度、完成見学会を開催の運びとなり、地元の木材で造った住まいの良さを、皆さんに知っていただきたいと思います。

<詳しくはこちらをクリック>

ワークショップ「木の椅子づくり」

~木とふれあい、ものづくりの楽しさを感じる~

森の恵みである木材は、温もりがあって、とても加工しやすい材料です。
そんな木に触れ、椅子づくりを体験し、森とのつながりや木の優しさ、そしてものづくりの楽しさを体験してみませんか。
お昼には電気やガスに頼らず、森の恵みの薪を使ってストーブで火を起こし、温かくオーガニックなスープや飲み物を用意しますので、こちらも楽しみにして下さい。

○ 日にち: 2011年6月5日(日)

○ 時 間: 10:00~15:30

○ 昼 食: 昼食は各自「パンorおにぎり」などをご持参下さい。
         オーガニックなスープや飲み物などを用意します。
  (マイカップ・スープ用カップ・スプーン・箸などは持参下さい

○ 場 所: 桐生市青少年野外活動センター(桐生市梅田町5-7423)           

○ 参加費: 大人/200円・小人/100円(3歳以下/無料)
  椅子材料費=1,000円/1脚

○ 内 容: 「背もたれ付きの椅子」「背もたれのない長椅子」など、好みの椅子を選び、
  無垢板・無垢材を使ったオリジナルな木の椅子をつくります。
  (作製の所要時間は約2時間くらいです)

○ 申込み: 「群馬の自然住宅を考える会」Webサイト
        イベント情報のイベント参加申し込みフォームより
        または、松島克幸(松島匠建)Tel: 0277-46-8041
        E-mail: kigocoro@ivory.plala.or.jp まで(問い合わせ含む)

※ なお、お申込み締め切りは6月3日(金)までとさせていただきます。