ペレットストーブ 

ペレットストーブ

 「海外依存の日本のエネルギー構造を、地産地消のエネルギーへ転換すること」

ペレットストーブを普及させるために、私どものまず第一に発信したいことは、
自国の資源であり、再生産が可能な森林資源からつくられ、しかもその地域で
生産された「木質ペレット」をエネルギーとして利用するからです。

「10%以下である日本のエネルギーの自給率」を、あなたはどう思いますか?

現在、日本国内のエネルギーの柱となっているのは、化石燃料であって、
エネルギー消費で支払うお金の殆どは、アラブ諸国をはじめとする海外に消えてしまいます。

そして、その時々の海外情勢によって、原油価格はアップダウンを繰り返し、
わたしたち消費者は翻弄されているわけです。

そんな、日本のエネルギーの地産地消を拡げるために生まれたのが、
新潟の「さいかい産業」のペレットストーブであり、
みどり市の「わたらせ森林組合」で製造を始めたペレット燃料です。


ペレットストーブの製造は、国内外に多くのメーカーがありますが、その中で
特に私どもがお薦めしている「さいかい産業」は以下のポリシーを持って製造しています。

その1 日本各地の多くの種類の木質ペレットを燃やせるようにしたい。
     (現在、樹皮ペレットや木質ペレット以外は燃やせません)

その2 お求めやすい価格で広く裾野を広げたい。

その3 主暖房としてお使いいただくために、故障やトラブルが少ないシンプルな構造を目指したい。
     (現在、安全装置の機能以外は自動化しておりません)

その4 災害などの危機に備え、電力使用量は極力少ないほうが良い。
     (大きな電力を必要とする自動着火は採用しておりません)

nc_head_img.jpg

 「輻射式のペレットストーブが良い!」

ペレットストーブには大きくは「温風対流式」「輻射式」の二つのタイプがあります。

温風式はファンヒーター形式で、ストーブで温めた熱を送風機で送り出して
お部屋を暖めます。

このタイプは温度の立上りが早いというメリットがありますが、風と送風機の音を
感じ、空気も乾燥するため快適性は今一で、余りお薦めできません。

一方「輻射式」は、温度の立上りはゆっくりですが、遠赤外線効果により
じわじわとお部屋が暖まり、空気の乾燥も少なく快適で、私どもがお薦めの
ペレットストーブです。

 「ペレットストーブ(輻射式)の魅力・メリット」

① ペレット燃料補給は一日一回!

② 煙突工事が簡単で、煙の排出も少ない!

③ 一晩中の稼働が可能で、寝ている時も朝起きた時も暖か!

④ 一晩中の稼働という面で、燃料費は他のどんな設備より安価!

⑤ 輻射熱で暖めるので、快適で健康的!

⑥ 煙突の内側で煙を排出し、外側で空気を補給するFF方式なので安全!