無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくり

2017/05/25 [採見学 ぐんまの木 木住協]

ぐんまの木「森林伐採見学ツアー」

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。


来月の17日土曜日に、群馬県木造住宅産業協会の企画による
ぐんまの木「森林伐採見学ツアー」を開催しますので、
ここにご案内申し上げます。

日  時: 2017年6月17日(土) AM9:30~PM4:00
集合場所: みどり市市役所(笠懸庁舎)駐車場
      〒379-2313 群馬県みどり市笠懸町鹿2952
服装 等: 山林内を歩ける程度の運動靴・服装(昼食はご用意します)
主な行程: 笠懸庁舎 → 大型バス1台 → みどり市東町の山林にて
      伐採見学 → 昼食 → 製材工場 → ぐんまの木の家見学
      → 笠懸庁舎解散

B1010218.jpg

行程中の「伐採見学」は弊社の山において、また「ぐんまの木の家見学」は
弊社の体感ハウスの見学となります。
山に入っての貴重なご体験となりますので、どうぞご家族揃ってのご参加、
お申し込みをお待ちしています。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       お申込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年05月25日 10:21 |

2017/05/19 [畳コーナー 目積畳 熊本産]

リビングに2畳の畳コーナー

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

1年が過ぎた、弊社の事務所兼住まいの体感モデルハウスに
リビングの畳コーナーを新たに設けました。

DSCN6532.jpg
このようにリビングの一角で、室内の洗濯干場でもあったスペースです。

物干し竿までの高さが結構高めであったので、今まで干し物するには
椅子が必要でしたので、25㎝ほど嵩上げしての畳コーナーを計画です。

そしてこの畳コーナー設置の一番の目的は、取り込んだ洗濯物を
一時まとめておいて、その洗濯物を畳む場所としての畳床です。

広さ(というより狭さ)は畳2畳分ですが、この目的には十分な広さです。

DSCN6586.jpg
畳は目積(めせき)畳「半畳×4枚」です。

目積畳は一般の畳表より、畳目が狭いのが大きな特徴です。

半畳で正方形の畳にして、畳目を互い違いに敷きこむことで、
光の差し込み具合により、明暗のコントラストが掛かった上品な
畳間に仕上がります。

itimatu1705.jpg
光加減でこのような市松模様の畳間になります。

また、最近では着色畳もあって、2種類の色の畳を使って、
ハッキリした市松模様の畳間もつくれます。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年05月19日 18:51 |

2017/05/06 [窓換気 五月晴れ 高気密]

一年で最も気持ちの良い時期

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

5月初めのこの時期、気温は25℃、湿度は30%前後で
カラッとした晴天の、最も気持ちの良い季節ですね。

晴れて気温が同じ25℃でも、湿度が80%にもなれば、
蒸し蒸しとした暑苦しい陽気となります。

天気予報では気温の情報しか伝えませんが、この時期
晴れても湿度が高くなれば、梅雨も間近と感じてきます。


さて、私どもの事務所兼モデルハウスは、1年の殆どの時期
において、窓を閉めて換気を行わない方が、室内環境は
一定の心地良い状態が保たれると、発信してきました。

しかし、外気温20℃以上で湿度30%台のこの5月の時期だけは、
窓を全開にして、思い切っての空気の入れ替えを行います。

DSCN6507.jpg

その一番の理由は、これから迎える梅雨の多湿時期に備えて、
室内の珪藻土や無垢板を乾燥させておきたいからです。

とは言っても、冬の過乾燥の時期から梅雨の高温多湿の時期、
そして真夏の猛暑日の時期と、一年を通して室内湿度が50~60%と
一定で、温度差も少ない弊社仕様住宅は、どこも真似のできないものです。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年05月06日 07:40 |

2017/04/25 [体感 モデルハウス 吹抜け]

モデルハウス開設して一年

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

ゴールデンウィークも間近となり、周囲の山々も新緑に染まり始め、
気持ちの良い爽やかな天気が続いています。


弊社のモデルハウス兼、住まいと事務所の完成から1年が経過し、
「無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの住まい」のモニターとしても、
様々な気付き点が見えた一年でした。

「凄いな!」或いは「思った通りだった!」といった良い点は、
このブログにて、これまでお伝えしてきましたので、今回は
反省点や失敗点に付いてお伝えします。


まず一つ目は、給湯器(エコキュート)の設置位置です。

エコキュートは貯湯タンクがあるため、ガスや灯油の給湯器より大きく、
場所を取るため、できる限り邪魔にならずに有効なスペースに設置しました。

その設置場所は浴室(2階の浴室)から、給湯のハイブリッドホースで
10m以上となった為に、お風呂シャワーのお湯が温まるまで時間が掛かって
しまいます。

キッチンでもお湯は使いますので、浴室とキッチンの最短距離の位置に
給湯器は設置する
べきと、これが一つ目の反省点です。


そして二つ目は、吹き抜けをつくらなかった事です。

2階に居住スペースを配置したため、吹き抜けをつくる余裕がなかった
訳ですが、吹き抜けがないので、上下階の空気の流れが殆どありません。

2階とロフト階は吹き抜けがあるので、温度差や湿度差が生まれませんが、
1階と2階は空気が独立し、1台の冷暖房機で冷暖房にはなりませんでした。

BAU_00122.jpg
2階とロフト階は、こうして吹抜けになっていますが、1・2階はありません。

DSCN6001.jpg
断熱性が高いので、リビングのこうした吹抜けがあれば、1台の冷暖房機で
夏冬快適に暮らすことが出来ます。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年04月25日 19:36 |

2017/04/19 [シューズクローク オリジナルキッチン]

シューズクロークとオリジナルキッチン

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

「相生の家」まずは玄関から
DSCN6462.jpg
玄関入って右側にシューズクロークがあります。
玄関式台の高さで、シューズクロークの床高となり、扉はスイング扉です。
正面は杉の框戸にアクリルガラスで、リビングに。
左の扉の先は、パントリーからキッチンに。

DSCN6446.jpg
シューズクロークの可動棚。
手前側は、玄関から靴を取り出せる位置に。

DSCN6455.jpg
大工工事と建具工事で、定番のオリジナルキッチン。

DSCN6439.jpg
ステンレスカウンターに、造り付けの収納と食洗機。
カウンター奥は、10cmほど深くして、たっぷりの洗剤収納。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年04月19日 10:26 |