無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくり

2017/01/16 [体感温度 室温との差]

室内に置ける体感温度

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

冬季シーズン最強の寒波もピークを越えましたが、西高東低の強い冬型の
気圧配置が長引き、日本海側では記録的な大雪となっています。

そして我が家付近、今朝の最低気温は-5℃と、この冬一番の冷え込みです。

DSCN6095.jpg
キッチンに置いてある湿温度計(16日PM6:00時点)です。(最適最高表示はここ2週間分)

湿度表示の方が大きいのと、湿度と温度の最低と最高の値が表示されている
のが、特徴の計測器です。

天気予報では湿度についてあまり触れないので、湿度への関心が
薄れがちですが、湿度は温度と一緒に考えなければならない、と思っています。


 「室温と体感温度の違い」

同じ気温でも風の強さや湿度の違いによって、寒い暑いの体感は変わります。

そして、その他に体感を左右する要因には、次のことがあります。

無風状態で、
体感温度=(室温+周囲の壁面温度)/2

例えば、真冬に断熱性の低い家で「室温が22℃で壁の温度が10℃」の場合
 (22+10)/2=体感温度16℃

同じく真冬に高断熱の家で「室温20℃で壁の温度が18℃」の場合
 (20+18)/2=体感温度19℃

と、高断熱の家では、室温が低くとも体感温度は高いのです。

高気密・高断熱であれば、その上、暖房の熱が外に逃げないので、
エネルギー消費(光熱費)も少なく済み、快適で暮らせるわけです。

そして更に必要なことは、無垢の木や珪藻土など調湿する素材で、
自然に湿度をコントロールしてくれることです。


どうぞ当体感ハウスで、その快適性をご体感ください。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年01月16日 18:52 |

2017/01/11 [上毛新聞 記事掲載]

10日の上毛新聞に掲載

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

「輻射式と温風式のペレットストーブ」の見出しで新聞に掲載されました。

170110%E4%B8%8A%E6%AF%9B%E6%96%B0%E8%81%9E.jpg

地元のわたらせ森林組合のペレット製造販売を受け、一般の家庭にも
普及を図ろうと、モデルハウスに2台のペレットストーブを導入し、その
暖かさを体感してもらいたいと・・・

そんな内容の記事です。


「輻射式のペレットストーブが一押し!」

輻射式と温風式の2台を入れ1ヶ月以上となり、
温風式は快適性に劣るので、殆ど使っていません。

小型タイプの輻射式は2階のリビングに設置し、毎日夜の7時頃に点火し、
朝の6時頃まで一夜中連続稼働しています。

リビングの室温は3~4℃上昇し、朝まで22℃前後でリビング以外の
お部屋へも暖気が回り、快適な睡眠と快適な目覚めの毎日です。

ペレットの使用量は、20㎏の袋が4~5日持ち、燃料代は1晩250円程度で
エアコンやファンヒーターなどの暖房機器では味わえない快適性が
確保できます。

とかく灯油との燃料代比較がされますが、快適性も加味して
比較すれば、輻射式のペレットストーブに軍配が上がることは
間違いないでしょう。

どうぞ一度、当体感ハウスで快適体感ください。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年01月11日 18:47 |

2017/01/04 [絶対湿度 相対湿度]

絶対湿度と相対湿度

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

穏やかな正月三が日も開け、今日から弊社の家づくりも稼働となりました。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

住まいの快適度を測るには、体感的に感じ取ることの他に、実際の温度と
湿度を確認することが大切であって、当社体感モデルハウスには、各部屋に
温湿度計を設置して、随時モニタリングしています。

DSCN6081.jpg
今朝の1階キッチン温湿度

DSCN6082.jpg
今朝の2階リビング温湿度

1階は5:00~7:00まで床下暖房稼働
2階は昨20:00~2:00までペレットストーブ稼働
(外気温は朝の最低気温1℃でした。)

注目は、やはり湿度60%前後と湿度の高さですね。
それと、暖房を止めても暖かさが持続していることです。


「絶対湿度と相対湿度」

一般にいう湿度は「相対湿度」であって、
ある温度の空気中に含みうる最大限の水分量(飽和水蒸気量)に比べて、
どの程度の水分を含んでいるかを示す値で<%RH>で表します。

空気中に含みうる最大限の水分量は、温度によって変わり、
温度が上がれば空気中に含むことの出来る水蒸気量も多くなります。

所謂パーセントで表わす相対湿度の分子(分数の)ににあたる、
水蒸気の存在量(重量割合)=(水蒸気量)が絶対湿度です。

ある一定の空間で一定の水蒸気量(絶対湿度が同じ)の中では、
温度が高いと湿度(相対湿度)は低くなり、温度が低いと湿度は高くなる訳です。
(温度が高くなると分母が増え、低くなると分母が減る)

冬の内陸太平洋側は、温度が低い上に湿度も低い(絶対湿度が低い)。
絶対湿度が低い所に暖房して温度を上げれば、相対湿度は更に低くなるわけです。

内陸群馬の冬で、加湿していないで暖房温度20℃程度の殆どの住まいは、
相対湿度30%前後が普通な訳で、私どもの住まいの湿度60%はまさに、
驚愕の数値であります。


そんな私どもの体感ハウスでの「快適な冬の暖房体感」を是非、この冬に
お試しご来館下さい。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2017年01月04日 18:14 |

2016/12/25 [暖房計画 ヒートショック]

暖房計画の重要性!

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

このところ暖房についての投稿が続いていますが、今回はその暖房の
重要性について記します。


暖房と冷房を一般的な比較をし、まずはその期間につてです。

・暖房期間は、11月中旬~3月中旬=約4ヶ月間
・冷房期間は、7月中旬~9月中旬=約2ヶ月間
と、暖房期間の方が長いです。

そして次に、暖冷房の一般的な温度差です。

・暖房時外気温(最低)0℃→暖房室温20℃=温度差20℃
・冷房時外気温(最高)35℃→冷房室温25℃=温度差10℃
と、暖冷房の温度の差は、暖房時は冷房時の2倍必要となります。

結果、当然のごとく暖房の方がエネルギー量(電気代)が多く、
単純計算(冷暖房共にエアコンとして)で、期間2倍×温度差2倍=4倍と、
暖房は冷房の4倍の電気代が必要となります。
(あくまでも単純計算であって、実際のエネルギー消費は暖房=冷房の10倍ほど)
ene.jpg
「世帯当たりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費」
出典:経済産業省 資源エネルギー庁「「平成25年度エネルギーに関する年次報告」
(エネルギー白書2014)より


そして暖房計画で見逃してはならいないことは、
冬場の住まい事故として「ヒートショック」があり、ヒートショックによる
死亡者数は交通事故死の3倍とも4倍とも言われています。

その「ヒートショック」とは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる
急激な温度の変化によって、血圧が上下に大きく変動することをきっかけ
にして起こる健康被害のことです。

その対策としては、ただ単に部屋を暖房すればよいということではなく、
暖房計画が大切となるわけで、必要な計画は
各部屋の温度差を無くし、全部屋が暖房できる設備計画なのです。

そうする為には、
「建物の断熱気密性能を高め、逆に部屋間の気密性は緩める」
「床下暖房のような全室の暖房が可能な設備の設置」

であります。


更に、「身体の冷え」は快適性に掛けることは勿論、ヒートショック以外の
多くの健康被害に及びます。

ペットの世界では、室内犬と室外犬では室内犬の方が寿命が長いそうで、
体温を低下させることは、免疫力の低下となり、あらゆる病気の基となります。


私どもの体感ハウスでは「冬の体感見学」を開催していますので、
どうぞ快適な冬の暖房体感をお試しください。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2016年12月25日 08:08 |

2016/12/21 [床下暖房 快適 低燃費]

最高に快適で低燃費「床下暖房」

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。


冬至の今日ですが、穏やかで暖かな一日でした。

しかし本格的な寒さはこれからで、シューハウスとなっている我が家は、
高性能な断熱性能と床下暖房が、威力を発揮するときです。

ここ数日は暖かな日が続いていますが、12月前半は寒い日が多く、
既に床下暖房の快適性を十分に味わっています。


なぜ床下暖房は床暖房より快適であるかと言えば、
床、壁面、天井、そして足元も頭上の部分も温度が殆ど同じで、
温度ムラがないからです。

床には床下吹き出し口のガラリが設けてありますが、そこから
風の対流を感じるわけではなく、輻射による暖かさなのです。
BAU_0094.jpg


私どもの奨める「床下暖房」には2種類の設備方法があって、
一つはこれまで実績を積んできた
ヒートポンプによる電気温水式で、床下のコンクリート蓄熱の床下暖房です。

この方式は1日中暖かさが保たれますので、昼間も在宅のご家庭には
最適なシステムで、これまでにもご紹介してきました。


そしてもう一つは、今回私どものショーハウス(生活している住まい)に導入の
床下エアコンによる床下暖房です。

12月に入ってからの稼働は、
タイマー運転により「朝の6時から7時半までの2時間半」と
夕方6時前後から8時前後までの2時間ほどの運転です。

この先、寒さが増してくれば、運転時間を長くするかと思いますが、
今のところはその運転状況で、20~22℃ほどの室温で快適です。
BAU_0073.jpg

電気代はその状況で4,000~5,000円(1ヶ月)程度のようです。
また、無暖房時でも室温18℃以下にはなっていません。

日中は日差しを取り込むことにより、無暖房で室温は上がりますので、
暖房運転の必要は無いのです。

そんな快適暖房とパッシブデザインつくりの体感見学を、
この寒い時期に開催していますので、ご希望の方はどうぞご連絡下さい。


無垢の木と塗り壁とパッシブデザインで、夏涼しく冬暖かでエネルギー消費の少ない家づくり
       松島匠建(株)へのお問い合わせは、こちらからどうぞ

2016年12月21日 23:46 |