代表の松島です 

良心が痛む!そんな家づくりはしたくない!!!

代表松島

 山や木と共に育った少年時代

私が生まれ育ったところは、群馬県みどり市東町沢入(そうり)
渡良瀬川上流にあたる山間(やまあい)の田舎です。

代々受け継いできた山林を 少々所有していたわが家は、父が林業の仕事に従事し、
幼き頃のわたしは、父の仕事について行き 山々を飛び回る日々を過ごし、
小学生頃になると、少しずつ林業の手伝いをしていました。

その頃の林業は、まだまだ活気のある産業であって、
国産の木材は、大切に使われてていた時代でした。


 林業には必然的に!

植林した木を育てたり、大きくなった木を伐ったりして、
がむしゃらに働く父の背中は、とてもたくましく感じ、自分も将来の仕事は、
自然を相手にした、森や木を扱う仕事をしたいと思っていました。

また、私が育った家は、戦後まもなく建てられた家で、
地場の木材を数年かけて集めて乾燥し、骨太の大黒柱に真壁の塗り壁、
隙間風の吹き込む昔ながらの木造の家でしたが、愛着深い住まいでした。

「厳しくもあり美しくもある山、そして、木の温もりと木のやすらぎ」
きっとそれが私の原風景として心に刻まれていたのでしょう。

高校を卒業した私は、ためらいもなく林業の職に就きました。


 日本の木が使われない時代の波

林業に就いてから6~7年、時代の変化とライフスタイルに合わせて、
わが家のリフォーム工事が始まりました。

父が大工さんに「材木は杉と桧を使ってくれ」と頼んだところ、
大工さんが私にそっと 
「克幸君、今は外材の時代だよ!外材の方が世話ねーんだよ!」
と、つぶやきました。

日本の杉・桧に代わって、外国産の木材が既に家づくりの主役となっていました。

大工さんのそんな些細な言葉から、林業という職業に対する葛藤が生まれ、
徐々に林業への不安と失望が増す日々となってきました。

見放され始めた日本の木材価格は、時に下がり続ける一方となっていました。

 山を捨てた私の次の目標は

林業に将来の夢を見出せなくなってきた20才台後半、
語学勉強でかねてから繋がりのあった、会社社長から、
海外への業務拡大につき、その任務への誘いがありました。

多少の迷いはあったものの、先の見えない林業に見切りをつけ、
私はその会社で任務を果たすことを決意しました。

東南アジや米国を始め国内外を飛び回り、企画と開発活動を行う、
そんな仕事に新たな夢を抱き始めました。

折しも日本は、空前のバブルに浮かれていた時期!

私が勤めた会社も次々に新たな戦略を打ち出し、
利益の追求に追われるサラリーマンとして、
私もその渦中で活躍し、山からはすっかり遠ざかっていました。


 タイで見つめ直す 人としての価値

会社では、スピーカーの部品を製造する新しい機械の開発に携わり、
国内外の取引先や仕入れ先への出張業務もありました。

経済発展が最優先で、東南アジアでは日本の企業が大手を振るい!
そんな中で迎えた、タイの日本企業の工場への出張がありました。

「経済的優位な日本人と、その日本人に使われるタイの貧しい労働者」

そんな力関係がすっかり形成されていた現地の工場にて、
お金や知識面ではタイの人たちより勝っている日本人は、
工場で働くタイの人たちを、見下すように扱っていました。

しかし、驚くことにタイの若い労働者たちは、決して卑屈にならず、
仕事ができることに喜びを感じているかのように、真面目に作業を続け、
作業時間が終わると更に目の輝きが増すタイの若者たちでした。

純粋な目の輝き、屈託のない笑顔、を目の当たりにして、
「おごれるもの、久しからずや!」という言葉で、心を洗われ、
心に響いたタイでの瞬間でした。


 お金のためだけで働くことではない「天職」を求め

それからというものの、悶々とした日々が続き、
「俺は一体何のため、誰のために、今の仕事をしているのか?」

今の仕事は、自分の良心が痛むことの多さに気付き、
「自分の良心に逆らわない“天職”を見つけたい」
そう強く思うようになったのです。

しかし、自分がやるべき仕事(天職)が、直ぐに探し出せたわけでもなく、
思い悩むサラリーマン生活が、半年ほど続きました。


 無垢の木と白壁の空間の中での閃き

そんな中で迎えたある日、
山形への出張で宿泊した小さな宿舎(ペンション)にて、
私の大きな転機が訪れました。

宿泊先となった「山形月山」の麓の小さな民家風のペンション。
そこは地場の木材をふんだんに使った、木の温もりと白壁の建物でした。

梅雨末期の蒸し暑い時期にも関わらず、室内の空気が気持ち良い!
木と白壁に包まれた空間はとにかく居心地が良く、気分が癒されました。

食事を待つダイニングの椅子に腰掛け、
そしてその瞬間、直感的に閃きが湧き上ってきました。

材料、デザイン、間取りと、住まいのつくり方は様々だが、
そのつくり方一つで、幸せな気持ちになる住まいがあった!

「こんな気持ちの良い住まいに住みたいなぁ!
はっ?!!!
そうだ!わが家の木材を活かして気持ちのいい家づくりだ!」

忘れもしない衝撃的な閃き!

これが、私の「木の家づくりの道」に目覚めた瞬間でした。


 半分以下の収入「でも、もう迷わない!」

その後直ぐに、会社の残務整理に取り掛かり、
山形の出張から3カ月後にサラリーマンを退職。

そして大工見習の道に入りました。

収入は半分以下!
33才にしてゼロからスタートする建築の道。

今思えば無謀な決意だったと思う。

「大工を覚えるには歳が晩過ぎる!」
「そんな思い付きで大工なんて考えが甘い!」
などと、地域の生え抜きの大工さんから言われ、笑われました。

しかし、私の決意は揺るぎませんでした!
単に家を建てるだけの大工職人が最終目標ではなく、

森と家づくりを結び、地場の木を活かし、
山も住む家族も幸せで、自然にホッとする住まいが造りたかった。

木の香りと温もりで、心地良い一家団らんをつくるお住まい
あの時、山形で感じ取った心地良さを、一人でも多くの方に提供したかった。

そのために、まずは大工の技術を身に付けるための大工見習だった。

夜間の訓練校にも通い、
大工仕事の他にも外壁張り、屋根葺き、左官塗り、など
建築に関わる作業の梃子(テコ)仕事をして、家づくりを覚えました。


 下積みの末の独立もバブルがはじけ!

大工見習を始めてから3年後に結婚、
そして翌年には長男が生まれました。

妻には甘い新婚生活を味あわせてやることもできず、苦労を掛けました。

収入は少なく、家族の時間も取れず、
それでも妻は、私の夢を応援する良き理解者でいてくれました。

大工見習いと共に、建築士の勉強も始めていました。
トイレの中で、信号待ちの車の中で、
参考書を開いては建築士の試験勉強をしてました。

そして、建築の道に進んで7年後(平成11年)に二級建築士を取得し、
工務店を起業しました。

とはいっても、名も知れず実績もない田舎の工務店です。
簡単に仕事の依頼があるはずもなかった。

おまけに世の中はバブルがはじけ
工務店も生き残り競争の時代となっていました。

金銭的にも精神的にも苦しかった創業の時期でした。


 東京の工務店社長さんに勇気をもらう

起業して3年目、「地域材を活用した健康住宅」の見出しで
建築業者向け(○○ハウジング)のメディアに取り上げられました。

それを見て、今の家づくりに迷いを持ち始めたという、
東京で工務店を経営している社長さんが私を訪ねてきました。

まだまだ駆け出しの私です。
人さまに胸を張ってお見せできる状況ではありませんでしたが、
天然乾燥してある木材の見学や、家づくりの思いを聞いて頂きました。

そして帰り際に社長さんは、
「造り手の都合本意で、環境にも健康にも良くない材料を使い、
お客さんに住まいを提供しているが、最近は良心が痛んでいました。」

「でも今日、松島さんの家づくりを見て気持ちが晴れました。
そしてこの先、私は、人間の良心に従って正しい家づくりを
して行く覚悟
ができました。」

と、喜んで帰ったのですが、
“気持ちが晴れた” それはむしろ私の方でした。

思うように家づくりの注文が入らず、将来に不安を抱えていたが、
社長さんの言葉に大きな勇気を頂いたのでした。

「これまでやってきた、俺の家づくりに間違いはなかった!」
頑張る力が湧いてきました!

「木と塗り壁でつくる私の家づくりで、一人でも多くのご家族に喜んでもらいたい」

そう思わずにはいられませんでした。


 始めて建てた家で感動の涙、涙、涙

それ以来、気持ちがとても前向きとなった私ですが、
不思議なことに、家づくりのご用命を下さるお客様が増えてきたのでした。

そして起業4年目にして、遂に新築の依頼が来ました!
お客様は、小さなお子様を持つ親子三人の、子育て世代のご家族です。

限られた予算の中で木材をふんだんに使い、
塗り壁を始めとした自然素材を活用した住まいが完成した時、
お客様と一緒になって、私も涙を流して大喜びしました。

先人の人たちが育て、私が伐ってストックしてて置いた木が使われ、

辛い思いをして覚えた家づくりの技術と知識が実を結び、

お客様が大喜びしていただける住まいが完成した。

その大きな感激の涙でした!


 普通でない今の家づくりの対抗して

今の家は造り手の都合に合わせた結果、

「新しい時はピカピカでも、20年で飽きて建て替えたくなる家」

「安くて早くて簡単な、建てるのではなく買う家」

「合板とビニールで造る、呼吸しない素材で造る家」

これらの基には、
値段が安くでき、工事が簡単にでき、あとでクレームが少ない、
すべて造り手の都合に合わせた家づくりがありました。

値段が安くできれば「お客さまからの注文を取りやすい」
工事が簡単にできれば「手間暇かからず安上がり」
クレームが少ないというのは 「完成した時はピカピカでピッタリ」

目先の利益を優先したこのような家づくりには、私の良心が痛み
徹底的に本物を追及してきました。


 お金持ちだけの良い家であってはならない

本物を追及すれば、当然値段も高くなります。

しかし、値段が高くなる一番の要因は、
「あれも欲しい!これも欲しい!」と欲張ることからです。

だから、希望やこだわりにまずは、優先順位をつけることです。

簡単に変えることのできない構造材や断熱性能などは、
優先順位を高くすることです。

木材も無節のものや、銘木を使えば高価になりますが、
節があってもそれは自然の木であり、決して高価ではありません。

自然素材も適材適所の使い方や、
安くて本物の材料もご用意しています。

そして、一般的な収入の普通の人たちでも
「自然素材を使った本物の家づくり」を強く願うご家族には
夢を叶える家づくりのお手伝いをしなければならい
と、私は考えています。


   地産地消で建てる「無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくり」
             松島匠建株式会社  松島克幸


 追伸

「家は3回建ててやっと満足する家ができる」と言いますが、
普通の人たちは、3回も家を建てられる人はいません。

でも私は、1回で満足できる家づくりをしています。
それを知るには、私どものモデルハウスをご覧ください。

私どもがこれまで家づくりを行ってきて、心から喜んで頂けた住まいを
実物大の形で大間々町につくり、わたしたち家族が実際に生活している建物です。

あなたのご家族の、理想の家づくりのスタートは、ここから始まります。

「木の温もり溢れ、そして化石エネルギーに頼らず、家族の幸せが叶う家」
を、つくりましょう。

健康で快適で、光熱費が掛からず、20年後の修理費用も掛からない。
今の普通の家とは違う家です。


わたしの思いを書いた勝手な長文を、最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さり、あなたの家づくりの思いをお聞かせください。